【相場情報】 第3回 東急田園都市線の中古マンション相場|【住まいのバトン(大和ハウスグループ)】

【相場情報】 第3回 東急田園都市線の中古マンション相場

「中古マンション 駅・路線 相場トピックス」の第3回目は、東急田園都市線です。

 

上がっている駅、下がっている駅様々

 

今回も東京カンテイから発表されている「首都圏沿線別・駅別の中古マンション価格相場」の2015年1月20日号同2015年1月27日号で東急田園都市線が取り上げられています。

前年と比較して上がっている駅、下がっている駅、ほぼ横ばいの駅と様々ですが、渋谷駅はやはり飛び抜けた存在で、坪単価は300万円を超え、対前年上昇率も13.2%となっています。

 

東急田園都市線 駅別中古マンションの平均坪単価 [ 単位:万円 ]

※カッコ内の数値は事例物件の平均築年数/同専有面積

 

 東急田園都市線

現 状 価 格 1 年 前 2 年 前
 渋谷 318(24.5/73.6)  281(24.0/63.3)  267(24.7/62.4) 
 池尻大橋 263(21.6/52.5)  226(25.8/51.7)  203(25.7/53.8) 
 三軒茶屋 242(22.6/47.6)  223(22.5/48.9)  219(20.8/51.6) 
 駒沢大学 206(27.1/55.3)  200(24.6/60.3)  190(23.8/58.5) 
 桜新町 222(23.0/71.3)  216(21.3/73.2)  207(21.4/71.5) 
 用賀 210(26.7/70.9)  203(23.8/65.1)  196(22.0/66.0) 
 二子玉川 242(18.9/78.3)  253(15.7/75.4)  247(15.3/75.1) 
 二子新地 174(16.8/60.8)  159(16.2/57.7)  147(16.9/48.7) 
 高津 171(16.1/61.7)  154(16.4/57.9)  148(16.2/57.1) 
 溝の口 160(18.1/67.7)  152(15.2/70.1)  140(15.5/70.7) 
 梶が谷 125(22.5/69.1)  129(21.1/70.5)  126(18.1/66.7) 
 宮崎台 141(19.1/66.3)  139(21.0/63.3)  130(21.1/62.0) 
 宮前平 110(28.7/70.0)  119(25.1/68.7)  114(25.2/66.2) 
 鷺沼 128(23.8/67.1)  123(23.1/70.6)  122(21.4/67.2) 
 たまプラーザ 160(18.0/71.8)  151(19.4/69.9)  141(20.6/66.6) 
 あざみ野 154(21.5/72.1)  133(22.4/71.2)  129(19.8/75.5) 
 江田 119(26.7/76.4)  109(25.7/75.0)  110(24.1/76.5) 
 市が尾 116(22.1/68.1)  113(23.6/67.2)  111(22.8/72.4) 
 藤が丘 123(23.5/66.9)  128(18.4/70.6)  124(18.9/66.9) 
 青葉台 126(25.0/78.5)  117(24.7/78.5)  109(25.8/74.7) 
 田奈 105(30.5/64.1)  103(25.9/61.0)  93(27.4/58.1) 
 長津田 124(21.0/72.7)  138(16.6/74.2)  120(17.0/67.4) 
 すずかけ台 116(14.1/85.3)  127(12.0/79.4)  115(16.6/78.1) 
 南町田 111(13.3/75.3)  106(13.1/77.7)  110(12.2/78.0) 
 つきみ野 99(20.8/64.1)  97(20.2/66.7)  95(20.5/67.9) 
 中央林間 126(17.4/69.7)  124(12.8/69.1)  115(14.8/69.7) 

(株式会社 東京カンテイ調べ)

 

ちなみに、この調査における「現状価格」は2014年9月~2014年11月までの中古マンション(ファミリータイプ)の売り希望価格を集計して出したものです。

表が長くなりすぎたので「現状価格」部分をグラフにしてみました。文字が見えづらくてすみませんが、渋谷(左端)が突出しているのがよくわかると思います。

 

田園都市線中古マンション相場グラフ_2015年1月

田園都市線 駅別中古マンション相場(2015年1月) 株式会社 東京カンテイ 調べ

 
 

どこまでも変わり続ける街 渋谷

 

渋谷ヒカリエ 2015年2月15日

渋谷ヒカリエ(平成27年2月15日撮影) ついこの間できたばかりだと思っていましたが、もう3年近くになるんですね。

 

渋谷駅 工事中

と、感傷に浸っている人を尻目に渋谷駅の工事はなおも着々と進行中。ここにはかつて東横のれん街がありました。

 

それほどまでに渋谷の中古マンションが人気を集める理由を考えると、都心各所へのアクセスが良好であること、日本でも有数の商業地を擁していることに加え、常に発展し続けている街であることを挙げてもいいと思います。

2012年春に複合商業施設「渋谷ヒカリエ」がオープンしたのはまだ記憶に新しいところですが、今も別の大型開発プロジェクトが着々と進行しています。いずれもまだ計画段階ではありますが、JR線のホームを跨ぐビルを3棟建てるとか、空港リムジンバスの発着場を造るとか、渋谷ヒカリエをしのぐ高さのビルも建設するとか……。実現したらすごいことになりそうですね。夢や期待を抱かせ続ける街だからこそ、中古マンションの人気も上がるのかもしれません。


同じ徒歩10分でも……

 

ところで、渋谷駅かその周辺の駅で徒歩圏内で中古マンションを探している方、渋谷駅の徒歩圏も他の駅の徒歩圏も同じだと思ってはいけません。渋谷は坂道が多いのです。その名が示す通りもともとは谷地なのです。不動産広告に記載してある徒歩所要時間については、坂道や信号待ち時間を考慮する必要はないとされています。だからチラシに「徒歩10分」と書かれていても、実際は坂を上がるのが大変で思った以上に疲れるなんてこともあるのです。

渋谷駅の中古マンション相場が坪当たり300万円以上といっても、それは平均値、つまりはならしてみたときの話。個々のマンションの価格は駅までのアクセスの良否などに応じて結構差がついているかもしれません。ここがまた中古マンション相場の難しいところです。

 

渋谷駅のマンション

店舗や事務所ビルが多いのでマンションがあまり目立たないというのも渋谷の特徴といえるでしょうか……。

 

おわりに

 

この間、渋谷のある公共施設に立ち寄ったら、区からのお知らせやカルチャー講座のチラシに混じって「マンション投資講座」のチラシが置いてあってびっくりしました。さすがというか何というか……。

やはり、渋谷のポテンシャルは計り知れないものがあります。渋谷駅に接続している路線に人気が集まるのもよくわかります。

 

ということで、次回は東急東横線を取り上げる予定です。

 

※ 当記事に記載された開発計画等の内容は執筆時の情報に基づくものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。